嗚呼!日本の犬 柴犬の画像と柴犬オリジナルキャラクターの専門サイト

紅葉と柴犬の画像

柴犬は日本を代表する犬種の一つです

menu1
柴犬ってこんな犬
柴とおじさん
柴犬の血統書
柴犬飼って良い事悪い事
柴犬以外の日本犬
豆柴と柴犬
menu2
麿柴絵巻
麿柴の会モデル犬募集
柴犬キャラクター
柴犬写真画像素材集
日本犬に作った犬グッツ 日本犬に作った犬グッツ
menu3
我が家の柴犬 我が家の柴犬系図
我が家の柴犬 関西お散歩スポット
我が家の柴犬 柴犬オフ会写真集
しばちゃんと柴犬
和風唐草犬首輪
和風唐草犬首輪(リンク)
日本犬リンク集
日本人でよかったな的なリンク
日本人でよかった的なリンク
柴犬画像素材バナー
和風唐草犬首輪バナー
beretバナー
このホームページは大阪市住吉区にある柴犬が看板犬のアトリエショップberet beretの別サイトとして運営しています

柴犬ってこんな犬

日本で一番多く飼われている日本犬が柴犬です
信州、山陰柴が有名ですが要は日本にいる中型の土着犬のことで、洋風な物が良いとされた明治大正時代に洋犬が入り雑交配が進み、各地の土着犬を残そうと先人達の努力により現在の柴犬があります
標準サイズや細かい規定はそれぞれの犬団体に任せるとして、私が関わった柴犬を個人的に解釈して述べますので「違うよ」間違ってるよ」もあるかもしれませんがそれはそれでお許しください

柴犬の容姿

サイズは10kg前後で雌は雄より少し小さめ
色は赤が一番多く 黒 胡麻 白 たまに斑もいます
足に白足袋を履いたような柴犬や目の上に斑がある四つ目の柄の柴犬など個体によりさまざまな色があります
毛質は表面が鹿のような外毛と綿のような内毛の2重構造になっています
耳はピンとたっていて尾はくるっと巻いた巻尾が特徴ですが中には差尾のコや豆柴(5kg位)のサイズや家のゴロのような巨柴もいます
もちろん標準規格外ですから展覧会には出れません^^;

顔は狸顔系と狐顔系のコがいます
我が家の柴犬で言うとはなちゃんとゴロは狸顔
さくらと太郎は狐顔ですかね

柴犬の性格

全般的な傾向ですがラブラドールやコーギーのように飼主以外に人間大好きを全面にだしてアピールするような感じのコは少ないように思います
雄(オス)と雌(メス)でも性格の傾向が異なります

雄♂

犬らしくチャカついて飼主以外の人にも愛想よくするフレンドリーなコが多いです
動く物にもよく反応し好奇心旺盛

雌♀

雌(メス)は家に付き、良い番犬になります
知らない人に食べ物を貰って食べないコは雌犬に多いようです
もし雌犬が散歩中に迷子になったら意地でも帰ってくるか、じっと隠れて餓え死にするかどちらかになるでしょう

柴犬全般

家族の中で順位をつけているようで散歩に行く人、ご飯をくれる人が必ず1番ではないようです
家では立場の弱いお父さんも、ご飯をくれるお母さんより、一番のご主人として柴犬は接してくれます
また、柴犬には「KY」はほとんどいません
家族が険悪な雰囲気になれば場の雰囲気を読み、さっさとハウスに直行、むやみに愛想を振りまくような事はしません
水は基本的に嫌いのようです
泳ぐ柴犬の画像
例外ですがうちの太郎と兄弟達は水好きです
同じ犬族でもプードルやボーダーコリーのような賢さとは異なる賢さが柴犬にはあるように思います


柴犬の健康管理

これも個体でかなり差があり、部屋飼い、外飼いでも違いますが雄よりも雌のほうが匂いがあり、脂っぽいように思います
匂いはポップコーンのような匂いで肉球(足の裏)が特に匂いが強いです
基本的には身綺麗な犬で頻繁に洗うよりは濡れタオルなどで体を拭く程度で十分です

柴犬に限りませんが地面から出て干乾びたドバミミズの干物に体を擦り付けます
昔、テレビ漫画のサスケで猫にマタタビ犬にいぬまんというのを思い出しました
解説でミミズを腐らして加工したものらしく犬が好むそうです
うちは外飼いですが部屋飼いならやっぱり洗っちゃいますよね


本サイトの画像は著作権により保護されます。無断転用 複製はできません
Copyright © 2002-2008 麿柴まろしば嗚呼!日本の犬/beret beret  All Rights Reserved