柴犬と豆柴

豆柴は柴犬です
血統書も柴犬ですから豆柴のとしての血統書はありません
普通の柴犬の体重は9キロから12キロ程度ですが豆柴は5キロ程度です
ですから当然規格外、スタンダートではない為、展覧会には出れません
しかし、5キロと言えば少し大きいトイプードルやミニチュアダックス、シーズー程度の大きさです
室内飼いできる柴犬としてとても人気があります
生体価格も当然高価になります
ペットショップで豆柴として買ったのに大きくなったって話はとても沢山あります
うちのゴロちゃんは両親が普通の柴犬ですが20キロにもなりました
ゴロは赤ちゃんのときからライオンの手のようで大きくなると思いましたがここまででかくなるとは予想外でした
柴犬ですから幾ら両親が豆柴サイズでも隔世遺伝することもあるようですね
ただ、豆柴になる仔犬は普通サイズの柴犬の子より並べて比べれば明らかに小さいのが分かります
月齢なども考慮し、たくさんの仔犬を見るのも豆柴を求める参考になると思います
豆柴を作るのにポメラニアンの血を入れたって話も聞きますし、どうしても小さいコ同士で交配させるので近親交配なども考えられます
安易にペットショップで豆柴を求めるのはやめて、両親が見れる信頼できるブリーダーさんを探すなど、ユーザー側もそれなりに情報収集する努力が必要です