柴犬の血統書

柴犬の血統書を発行している団体は主に日本犬保存会ジャパンケンネルクラブになります
他にも色々な団体がありますがペットショップやブリーダーさんで出会う純血種はほぼどちらかの血統書だと思います
ジャパンケンネルクラブ(JKC)は全犬種クラブですから洋犬などを繁殖しているブリーダーさんが柴犬も繁殖している方が登録されるようです
日本犬保存会は日本犬でも秋田犬、甲斐犬、四国犬、柴犬、紀州犬の団体です

上の写真は実際の血統書です。

どちらも柴犬の血統書ですが左側が日本犬保存会、右がジャパンケンネルクラブの血統書になります
日本犬保存会のそれはA3程度の厚い薄紫色の和紙で日本犬って感じのする血統書です
うちは犬舎登録が日本犬保存会なのですべて紫の血統書ですが純血種の系図、履歴書と考えればどちらの籍でもあまり関係ありません
アジリティや訓練競技会はMIX犬でも和犬でも関係なく出場できますが、展覧会に出すようなコなら日本犬保存会の籍のコで会員ないと出展できません
各団体への移籍変更も多少の条件はありますが可能です

 

展覧会とドックショー 優良とチャンピオン

日本犬保存会では展覧会、JKCはドックショーといった犬種標準の容姿や姿勢などを競う催しがあります。
うちのコはサイズの時点で規格外ですが、犬種のより良い標準を作出するためにどちらの籍のブリーダーさんも日々努力を重ねて出展、出場されます。
表記でわかると思いますが日本犬保存会は展覧会です。
年2回、各都道府県支部展、近畿、四国などの連合展、全国展が開催され年齢や性別で評価されます。
「この子のお父さんはチャンピオン犬なんです」って言うようなチャンピオンの称号は日本犬保存会にはありません
絵画展のように一席とか二席で賞され、全国展ではそこに保存会最高賞と内閣総理大臣賞や文化庁長官賞、文部科学大臣賞などの冠が付きます。
会場は品評会てきな要素が強く菊展や蘭、盆栽の展覧会に通じるような雰囲気です。

写真は日本犬保存会の会員になると送られてくる<日本犬>という400ページ弱の本です
ここに各展覧会の詳細や優良の称号を得た日本犬の写真が掲載されています